ポリフェノール

当サイトで解説しているレスベラトロールは、ポリフェノールの一種です。
このページでは、代表的なポリフェノールの種類や効能を紹介します。

ポリフェノールとは?

植物の外皮に含まれる成分で、OH基という化学構造を持っているものの総称をいい、約300種類もあるといわれています。

当サイトで解説しているレスベラトロールもポリフェノールの一種でで、その他にも、有名なものをあげれば、お茶の成分のカテキンや、ブルーベリーの成分アントシアニンなどがあります。

ポリフェノールは、苦味や渋み、アクの元とでもあり、色素成分でもあります。

ポリフェノールは植物が生き抜く上で重要な成分。

人間には、ポリフェノールは作る事が出来ず、植物の外皮で作られる、植物が生き抜く上で重要な成分です。

どうして、植物にはポリフェノールが必要かといいますと、植物は動物とは違い、外敵から襲われても動いて逃げ回る事が出来ません。又、絶えず紫外線から体を守らなくてはなりません。
そこで、これらの外敵と戦う為の成分が作られるのが、ポリフェノールです。

このポリフェノールは、人間が摂り入れる事でも様々な有益な作用を得る事が出来る為、健康や美容で脚光を浴びています。

ポリフェノールの種類や効果。

下記に、代表的なポリフェノールの種類や効果を紹介しますので、参考にして下さい。

カテキン

お茶の渋み成分で、健康効果が注目され一躍有名になったポリフェノールです。
カテキンは、強力な抗酸化作用が魅力で、ビタミンCやEの数十倍の抗酸化力があります。又、殺菌作用や口臭予防、食中毒予防にも期待出来る話題の成分です。

アントシアニン

ブルーベリーに豊富に含まれる青紫色の色素成分で、目に効果的という事で有名になりました。アントシアニンは、目の網膜にあるロドプシンを合成をサポートし、眼精疲労や視力の向上を行います。

ルチン

トマトやオレンジに含まれるポリフェノールで、血管をしなやかにし、脳卒中などの出血に関する病気の予防効果に期待する事が出来ます。

フェルラ酸

近年、注目のポリフェノールで、酸化防止剤として添加物で利用されているほど、抗酸化作用が強力です。美白効果も期待出来る為、化粧水などにも利用されている注目成分です。


Copyright (C) 2011 レスベラトロール.com. All Rights Reserved.